So-net無料ブログ作成

dマガジン

dma.png
最近、ネットでは〇〇放題というサービスが充実してきているなぁ…と実感している。
この手のサービスは動画などで有料・無料を含めて以前からあったのは承知していたが、チト中途半端なもので継続的に利用するまでは至っていなかった。
最近になって、雑誌の読み放題というサービスがあるのを知ってつい食指が動いてしまった。
ネットで調べた(というほどではないが)ところ、

タブホ    https://www.optim.co.jp/tabuho/index.html
dマガジン  https://magazine.dmkt-sp.jp/top
ビューン  http://www.viewn.co.jp/magazine/

などがあり、いずれも400~500円程度で100冊以上の雑誌が読めるとのこと。
まぁ、全部を読むわけではないが、週刊紙や経済誌、趣味系雑誌などそこそこ読めるので元は取れると思う。
一部マスキングがかかっている部分(タレントの肖像?)はあるが、タレントの顔など見なくても一向に差し支えないので問題はない。
結果的に3つの中で【 dマガジン 】をチョイスした。取り扱う雑誌数は大きな差はないが、PCとipadそれぞれで購読できるという点が選択の理由だ。
自宅にいるときはPCで、外出時はipadで、という風に使い分けることになる。データをipadに保持して海外でも読みたいところだが、よく調べていないので不明だ。
クチコミ?などではデータのダウンロードにもたつきがあるとの話だが、今のところ支障はないと思う。ただしビュワーの機能はかなりいまいちで、さらなる機能向上を求めたい。
ともあれ、(最低でも)十数冊の雑誌が400円で読めるのだからお得だと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

中国東方航空 激しく遅延(復路編) プノンペン国際空港-上海浦東国際空港

上海浦東空港を定刻より20分程度遅れて(1時間以内なら「定時運行」って思い込むようにしています…)出発し、2便目は問題なくプノンペン国際空港に到着した。(ヤレヤレ…)
上海では到着・出発ともほとんどが沖止め(バスで移動)だが、ここはすべてボーディングブリッジが接続する。以前から空港ビルの拡張工事を行っており、新しい国際線ターミナルも間もなく完成するらしい。無事に入国手続きを終え、タクシーで市内へ向かう。(この辺は以前に書いた「プノンペンに到着」参照)

あっという間に帰国の日となり、プノンペン空港へ向かう。MUカウンターでチェックインをした際、荷物はそのまま日本で受け取れるとのこと。浦東空港でスーツケースを持ち運びしなくて済むのは大変ありがたい。
出国手続きを無事済ませて待合スペースで待っているが、やっぱり搭乗時間間近になっても始まらない。「マジか~。往復でデュレイって…」とあきれつつ、達観状態となる。

P_20150509_003833.jpg

さらに驚くべきことに、

【一切のアナウンスもなく】    → 聞き漏らしたかもしれないし…
【電光表示板も消灯して】     → 遅延後の出発時間の表示は?
【地上スタッフが誰もいなくなる】 → クレーム対応とかいいのか、おい…

という日本では全く考えられない状態となった。ひょっとしたら英語でアナウンスなどがあったかもしれないが、当然理解できるはずもなく、待合スペースは搭乗客のみとなった。

欠航なのか、遅延なのかといった情報が全くないのは結構心理的にかなり負担に感じるが、だからといって確認する相手もいないので、空港のWifiに接続してフライト情報を調べてみることにした。1つは上海浦東国際空港のHPで運行状況が確認できる。

上海机场(集团)有限公司 http://www.shairport.com/

このHPの航班查询で、便名を入力して検索すると、当該便の運航状況が確認できる。これによると、2時間以上遅れてはいるものの、運航はしているようだ。とはいえそこは中華クオリティ。いまいち信用できない(単に暇だからということもあるが)ので別のサイトでも確認することとした。

FlightAware https://ja.flightaware.com/

このHPで運航便のフライト情報が確認できる。検索時点での飛行位置やゲート出発時間、(滑走路の)自走時間や離陸時間、到着予定時間なども確認でき、より詳しい情報を入手することができる。

まぁ、こちらに向かっていることは確認できたので、あとは待つのみ。ipadに保存してある自炊のCOMICSや青空文庫の小説などを読んでいたが、ふと、銀河鉄道999の、「C62の反乱」を思い出してしまった。

そうこうするうちに、地上スタッフも姿を見せ、何事もなかったように搭乗手続きが開始された。あぁ、アジアだなぁ… としみじみ感じされられる旅となった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

適当に断熱してみよう(天井裏編)

自分の部屋(というか家)は昭和50年代に建てられたもので、断熱という考え方がなく、夏は暑く、冬は寒いという古い日本家屋そのまま(単にボロなだけ?)なのだが、家全体は無理としても、2階の自分の部屋(6畳間)は何とかしたいと常々考えていた。
措置すべき箇所は「壁」「天井」「窓」「床」となるが押入れのふすまやドアなども何か手立てがあるのか…

基本的な考え方として、

 1 できるだけ低コスト、
 2 見場は全く気にしない、
 3 既存の構造はそのままにする、

といったところか。どうせプロではないのだし、素人で手抜きしてなんとかなればよいなぁ…と都合のよいことばかり考えている。

ネットではDIYで様々な断熱方法が紹介されているものの、いろいろな意見や方法があってなかなか着手できずにいたが、何を血迷ったか、ホームセンターでグラスウールの束(というのか?)を見て、発作的に購入してしまった。

yamayuu_acm-00111144.jpg


旭ファイバーグラス アクリアマット ACM10 10K × 50㎜ × 430㎜ × 2880㎜
24枚入り(施工坪数 約9.5坪)
ホームセンターで税込7,380円

買ってしまったものはしょうがない、ということで早速天井裏に敷き込むこととする。
天袋から天井裏に入ったものの、とにかく狭いことこの上ない。(当たり前だが…)当然天井となる板部分には体重をかけられない(破れて落下してしまう)ので、柱や梁部分が足場となるのだが、リアル「ツイスター」状態で体のあちこちが痛くなった。

よく調べずに購入したため、グラスウールがかなり余ることとなることから素人考えで3重重ねにしたが、ネットではグラスウールを重ねるのはあまりよくない的な記載もあり、カビなど生えなければよいのだが…

効果測定の方法もないことから、単なる自己満足で終わるかもしれない…




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

ふるさと納税は長野県飯山市

(タイトルはステマではありませんw)

ふるさと納税については、以前よりなんとなく興味は持っていたものの、お礼の品が「米」とか「酒」とか「お肉・魚」だったりと、食指が動かずじまいだったのだが、最近はお礼の品の種類も幅が広まったようなので改めて内容を確認してみた。まとめサイトのようなものも複数あったが、今回は次のサイトを参考にした。

ふるさとチョイス http://www.furusato-tax.jp/

お礼の品の閲覧と併せて、どの程度まで寄付ができるのか?といったシミュレーションも可能で、参考までに平成26年の源泉徴収票を基に可能上限額を算定する。民間のサイトに収入額その他諸々を入力するのは若干抵抗があるものの、所詮は「数字の羅列」と割り切ってサクサク入力した。

やはりお礼の品は食料品が圧倒的に多いのだが、その中でも工芸品や家電、PC関連の品もあり、これならばと思ってみたところ、ちょうど長野県飯山市がPCディスプレイを出していた。
何種類かあったが、今回は XU-2390 という機種を選択。寄付は4万円だが、お礼の品の市場価格は2万円程度で還元率50%というところか。

XU2390HS-2_160x160.jpg


XU-2390
価格COM http://kakaku.com/item/K0000792278/?lid=ksearch_kakakuitem_image

手続きは至って簡単で、ふるさとチョイスのHPから寄付の手続きを行う。支払はYahoo!公金支払い経由でクレジット決済とした。年明けには確定申告が必要となるが、こちらはパソコンで申告書を作成することとする。

11月3日に申し込みをしたところ、飯山市からの寄付証明が11月7日に到着。肝心のお礼の品はまだ届かないが、ゆっくり待ちたいと思う。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

中国東方航空 激しく遅延(往路編) 富山空港-上海浦東国際空港

2015年5月にカンボジアへ向かった。目的地は以前にも訪れたプノンペン。イオンモールなども新しくオープンするなど、後進国(失礼)ながらも着実に進化しており、バンコク市内ではなかなか見ることができなくなってきた(進化した部分と旧態の部分の)混沌さをプノンペンではまだまだ楽しむことができると思う。
手元不如意(これはいつものことか…)のため、できるだけ安い航空券を探すのだが、今回は新潟発のMUがなく(高い予約クラスはもちろんあるが)、次善の策として「富山空港」から出発することとなった。
距離的には当然遠くなるが、移動費(ガソリン+高速代)を加味しても一番安価となることや、成田発で必要となる前泊や深夜の移動がない分、メリットありと判断した。

朝、自宅を出発し、北陸道を一路富山へと向かう。師匠と一緒で下道(一般道)優先派ではあるのだが、如何せんその後の予定(発着時間)が定められているので冒険はせず、11時前には富山空港に到着した。富山空港は一部を除き駐車場が無料なため、比較的長期間利用してもタダというのが大変うれしい。ただし、GWの関係で駐車場が遠い位置となり、駐車場~空港ビル間の徒歩が結構しんどかった。(停めた場所はかなりH寄りのF駐車場)

富山空港 http://www.toyama-airport.jp/
富山空港駐車場 http://www.toyama-airport.jp/access/car

空港ビルに入って一言「あら? 小さい?」 新潟も大きいなどと決して言えないが、富山はかなりちんまりした感じだ。国際線はともかく、国内線が羽田便のみなので必要十分ではあるが…
気を取り直して1階チェックインカウンターでチェックインを待つ。チェックインは無事完了し、ここでもプノンペンまでのスルーチェックインが可能だった。上海までの運航は上海航空なので上海での乗り継ぎが心配だったが杞憂に終わった。

P_20150502_120012.jpg

P_20150502_121604.jpg

2階へ上がり出国手続きをすませ、待合スペースでまったりしていだのだが、搭乗手続きがなかなか始まらず、「おやぁ~ お約束が始まりましたか~?」などと怪訝に思っていたら案の定、来ましたデュレイ(遅延)。それも3時間半!! (オイオイ…) そのアナウンスが入ると他の搭乗客たちが一斉にどよめき出した。そりゃそうだろう。ツアー系ならその後の旅程が大幅に変わるだろうし、うまく乗り継ぎができなければ大事だ。ちなみに自身のフライト(PVG-PNH)は19:55なので、ギリギリ間に合うかどうか微妙な感じだ。理由は天候が悪いとのことだが、本当かどうかはわからない。上海浦東空港は年中遅延しているし、政治的というか軍事的な関係で民間機が後回しという噂もあったりなかったり…(個人的な感想ですので…)

P_20150502_143744.jpg

苛立たしい気持ちは当然あるが、騒いでもどうにもならないのであきらめモードで待つしかない。地上係員に確認したりしている乗客も少なからずいるものの、大半は全日空の社員(搭乗手続きを代行している)で、MUの社員は女性1名のみ。ツアーキャンセルできるか?とか代金の返金は?とか、一旦待合スペースから出たい、などいろいろな質問が出ていたようだがいずれも叶わなかった様子だった。
かなり時間が経過したのち、いきなり「離陸はしないが、機内で食事を提供するので搭乗手続きを開始する」とのアナウンスがあった。通常このようなケースでは、簡単なランチボックスを配ったり、ミールクーポンを配って食堂へ行って来い、という扱いでは?と思い訝しんだがすぐにその理由が分った(気がした)。それは全日空の職員を早く開放したい、という判断だ。長時間拘束すればそれだけMUがNHに支払う委託料がかさむだろうし、乗客を機内に移動させてあとは乗務員に対応をまかせようということかもしれない。(気持ちは分からなくもない…)

ま、乗れというのだから搭乗するのは吝かではないのだが、少しいやしい考えが浮かんだ。それは「機内で提供される食事ってなんだろう?」ということ。だがよく考えれば答えは1つ、単に「飛行中に提供する機内食を駐機中に食べさせよう」ってことだった。突然の遅延で日本側から軽食を機内に持ち込むこともできないだろうし…(でも水のペットボトルぐらい提供してほしかった)
搭乗の際に「遅延証明書」を受け取り、何か問題が発生したら上海の地上係員に相談しろ、とのことだった。因みに遅延証明書はこんな感じだ。

P_20150502_152454.jpg

全員が登場し終わるとボーディングブリッジが切り離され、すぐに機内食(というか軽食のボックス)が配られた。することもないので出された機内食に手を付け、まったりしていたら、突然機内アナウンスが入り「離陸の許可が出たのですぐ出発する」とのこと。おお~、やっとか… と安堵する反面、チョット待て、まだ食事中の乗客もいるのにどうするんだ? と思ったがそこは中華クオリティ。いきなり機内食の回収が始まった。それと同時に案内ビデオが放映されたかと思いきや機体はプッシュバックを始め移動を開始。とうとう滑走路まで到達した途端に案内ビデオを打ち切り、離陸開始。驚くことに回収できない機内食はそのまま、という状態で なんともはや… (というか航空関連法令に抵触するんじゃないでしょうか…)

P_20150502_161759.jpg

なんやかやで上海に到着。自身はなんとか次の便に乗り継ぐことができた。

お約束の復路編はこちら http://junk-land-shadow.blog.so-net.ne.jp/2016-03-05

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

湯の瀬温泉 湯の瀬旅館

「たまには温泉にでも」と思い立ち、1泊2日で山形県の 湯の瀬温泉 湯の瀬旅館 へ向かう。
3月後半に入りドカ雪も降らないだろうとのことで、1週間前にネットで宿探しを行う。
予約はメインの「じゃらん」を使用しサブで「楽天トラベル」「JTB」などを使いつつさらに各旅館の公式HPを見るなどして面白そうなところを探している。当たり前だが各サイトとも掲載される情報はまちまちで片方には掲載がなかったり、公式のほうが安かったりと、宿探しも楽しかったり、面倒だったりだ。

宿を探す(選定する)手法は、基本的には「目玉」となるものがあるかどうかがポイントとなり、それは「温泉(湯船)の大きさ」だったり、建物の構造や立地条件、歴史的事実だったりなど都度異なるのだが今回は面白い温泉というポイントで選定した。
ズバリ、湯の瀬旅館は「大きな温泉」「立ち湯」が売りとのことで白羽の矢が立った(決して時間がなかったからではありません…)
http://www.yunose.jp/

往路、胎内市にある「乙宝寺」などにもちょっと立ち寄る。結構な古刹で建物も重厚感がある。(理由はありませんが個人的には「Z(ゼット)寺(じ)」と呼んでいたりします…)
http://oppouji.info/index.html

さらに国道7号線を北上する。県境付近では海岸線に沿って道路を進み、同乗者は景色を堪能できたと思う。羽越本線五十川駅付近の交差点を右折して内陸部へ進む。県道で幅員は狭いが積雪はまったくなかったので難なく到着した。
山中の一軒宿で旅館然とした感じはないが落ち着くたたずまいだ。玄関を入ると下駄箱に名前の紙が貼ってあったので靴をしまってフロントへ向かうが誰もいない… はて?と思って待っていると宿の奥からおばちゃんが出てきて無事にチェックイン完了。部屋は奥の202で結構広い。早速お目当ての「大露天風呂」へ向かう。脱衣場、内湯を抜けていよいよ大露天風呂へ。
正直な感想として、「確かにデカイ!」でも「なんかプールみたい…」というのが正直なところ。周囲こそ大岩を配しているが、水面下はコンクリートで凸凹などはなく、「老若男女安心して入れます」というキャッチがふわっと浮かんだ。また天井部はビニールで覆われており、降雪期以外ははずすのかどうかは不明。一応混浴となっている。水深は深く、へそ上から胸までと変化し、山側が浅く谷側が深いという感じ。小さな子供は浮き輪を使用することになるので、家族連れで来ればとても楽しいのではないかと。家族経営(+親戚、近所の応援?)のこじんまりした宿でのんびりできると思う。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

法師温泉 長寿館

「たまには温泉にでも」と思い立ち、1泊2日で群馬県の法師温泉 長寿館へ向かう…
なんて簡単にはいかず、予約を取るのも一苦労だった。何せ超有名・人気温泉旅館で値段もそれなりにお高く、いつも土日は予約が一杯でなかなか行くタイミングがなかったのだが、一大決心(というほどのものか?)して予約した。(12月初旬の旅程で10月初めに予約しました)
国道17号線から分岐して川沿いを北上するのだが、結構道路は細く曲がりくねっていて、日陰部分は部分的に凍結しており、厳冬期にはちょっと運転したくないなぁと思う。
そんなこんなで宿に到着。多くのメディアで紹介されているそのままの建物で(当たり前)、少なからず感動を覚える。法師温泉は国鉄フルムーンの上原兼、高峰三枝子のTVCMやポスターなどで知られており、一度は泊まりたい温泉宿だったので感慨も一入だ。
法師温泉長寿館  http://www.houshi-onsen.jp/index.html
国鉄フルムーン   https://www.youtube.com/watch?v=9-ZOrTRKokc
部屋は法師川を渡った別館の2階で結構広い。窓からは本館や法師乃湯、玉城乃湯、長寿乃湯の建屋を見ることができ、自然と「温泉に来たなぁ」といううれしい気持ちが高まるのが不思議だ。
夕食・朝食とも部屋食で、配膳のお兄さんが運んでくるのだが、料理の説明もしっかりしており好印象を受けた。
3つある湯殿については、説明?を割愛(他の人のブログを見てください)するが、時間の許す限り繰り返して入ったのはいうまでもない。

pP_20141206_175127.jpg
z01.jpg
z02.jpg

夜のうちに雪が降り、朝起きたら一面の銀世界となっていた。宿のHPにあるように雪をまとった建物も非常に美しかった。
そこそこの降雪だったため、心配事が的中し、帰りの道はかなり安全運転だった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

瀬見温泉 ゆめみの宿観松館 と かみのやま温泉 天神の御湯あづま屋

「たまには温泉にでも」と思い立ち、2泊3日で山形県の瀬見温泉 ゆめみの宿観松館 と かみのやま温泉 天神の御湯あづま屋 へ向かう。
最上三十三観音の御朱印めぐりをしていることは以前にも書いたが、なかなか進まないことからチョット時間を割いて回れるだけ回ろうと考え、御朱印を頂いていないお寺などの状況を勘案してのチョイスとなった。

瀬見温泉は以前に「喜至楼」に投宿したことがあるが、ゆめみの宿観松館はその喜至楼の斜め前にあり、言っては何だが喜至楼よりも豪華というか…しっかりしている。
http://www.kansyokan.co.jp/

夕食は部屋食で地の食材をふんだんに使った料理はボリュームがあり、「ジャンボマッシュルームの香味焼き」なる珍しい料理も出て楽しい夕食となった。
客室しかり、料理しかりで正に温泉旅館(ホテル)なのだが、温泉(というか浴場)がやや小さい印象を受けた。総じてよい宿であることは間違いないのだが、喜至楼と比較すると良くも悪くも喜至楼の方をよく覚えているのはなぜだろう… (いい旅館なんですよ)

お寺めぐりも順調に進み、2日目はかみのやま温泉 天神の御湯あづま屋 に到着。
http://www.azuma-ya.co.jp/

あづま屋は市内温泉街の中心部分にあり温泉に来たなぁという気持ちになる立地だ。
割り当てられた部屋は結構高層階で付近の景色(飲食店やみやげ物屋…だと思います)が見え、傘を差した観光客が行き交うのをぼんやりと眺めていた。
大浴場は最上階にあって眺望は更によくなり、山の稜線や街の明かりを見ながらのんびりすることができた。

最上三十三観音のお寺も最後の三十三番を残すのみとなった。最後は銀山温泉なんかと組み合わせできればと思うがどうなることやら…

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

桃園機場 → 台鐡桃園火車站(桃園客運5059) その2

東南アジアに向かうときは、その都度一番安い航空会社を選択しており、最近は、中国東方航空や中華航空ばかりといった状況だ。最近はWTIも50ドルを割り込んだりしているのだから早く燃油サーチャージを下げてほしいものだ。
ということで今回はCIを利用したが、台湾経由となったので前回記事の追加(補正)をしたい。
ターミナルの表示が改善されて写真のとおりとなっている。
時刻なども表示されており、心配の度合いは低下している。

IMG_1048.jpg
IMG_1046.jpg
IMG_1045.jpg
IMG_1049.jpg
IMG_1050.jpg

桃園機場のHPにも客運巴士の情報は載っているがリンクが切れていたり、意味不明な表示だったりで今ひとつ使えないのは残念だ。
前回の失敗を踏まえ、今回はきっちり53元を用意した。運転手に見えるように料金箱へ運賃を入れてなんなくクリア。火車站に到着後、地下道をくぐって駅舎の反対(東)側へ移動、定宿?である喜星経典商務旅館でチェックインし、いつもの牛肉麺屋で夕食。大盛りを頼むと牛肉(というか牛スジ?)がこれでもかと入っていて食べるのに一苦労する。
桃園客運HP(時刻表?) http://www.tybus.com.tw/default.aspx?page=BusTime
同(路線図)         http://www.tybus.com.tw/images/path/10.jpg
* トップページはウイルスチェックに引っかかるので再掲載します。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

SIMフリー端末 と MVNO

ということで、次期「携帯電話」としてSIMフリー端末とMVNOを選定することとなったが、まず端末から。
といっても現状ではそんなに端末の種類は多くない。各MVNOが提供する端末は、単体での自由購入は難しいし、MVNOに紐付かない端末はそれほど多くない(今後は増えていくだろうが…)
価格COMなどみてもあまり数はないようだ。Appleは別格としてもgoogleやHuawei、他はほとんど聞いたことがないメーカーばかりで戸惑うばかり… 
google  http://www.google.co.jp/nexus/5/ (実はLG?)
Huawei  http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/features/g620s-jp.htm

国内メーカーは全くといっていいほど参入しておらず、シャープや京セラなどが一部のMVNOに紐付きで端末を提供しているのみ。それだけ国内メーカーが3つのキャリアとべったりな状態なのが窺える。
ネットでは今後、各メーカーから新しいモデルが順次投入されるといった記事を目にするが、予算との兼ね合いもあり、なかなか食指が動かないでいた。そんなとき、ネット上でASUSから新しい端末A500KLが発売されたとのことで、スペックや口コミ・ブログなどを確認したらそこそこの高評価なので、今回はこの端末をチョイスすることとした。(最近はNIFTYなどでも扱っている様子)
Asus  http://www.asus.com/jp/Phones/ZenFone_5_A500KL/

次にMVNOだが、こちらは結構参入しているようで、OCNモバイルや日本通信、IIJなど通信系の他にもイオンやビッグカメラなどの量販系などさまざまな業種から参入している。価格COMやそれぞれのオフィシャルサイトなどを確認したところ、IIJみおふぉんのファミリーシェアプランがよさそうと判断した。というのも、現在、「隠れ家」にauひかり(ネット)と光でんわを敷設しているのだが、その使用頻度が低くてコスト削減が必要となったが、まったく使わないというわけではないので、次のように置き換えを行う必要が生じたためだ。
1 固定電話 → 携帯電話(中古の白ロム機)
2 iphone5 → A500KL
3 PC(ネット) → テザリングでipad(将来的にはCellularタイプに置き換えしたい…)

これにより、通信料金はSIMが2枚で3,960円(+税)となり、携帯で7,000円前後、光で6,000円前後だった支出がトータルで3分の1程度になる見込み。
価格com    http://kakaku.com/mobile_data/sim/
IIJみおふぉん https://www.iijmio.jp/hdd/miofone/?z=0017a

今まで、いかに無駄な支出をしていたかということを猛省中…

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感