So-net無料ブログ作成

湯の瀬温泉 湯の瀬旅館

「たまには温泉にでも」と思い立ち、1泊2日で山形県の 湯の瀬温泉 湯の瀬旅館 へ向かう。
3月後半に入りドカ雪も降らないだろうとのことで、1週間前にネットで宿探しを行う。
予約はメインの「じゃらん」を使用しサブで「楽天トラベル」「JTB」などを使いつつさらに各旅館の公式HPを見るなどして面白そうなところを探している。当たり前だが各サイトとも掲載される情報はまちまちで片方には掲載がなかったり、公式のほうが安かったりと、宿探しも楽しかったり、面倒だったりだ。

宿を探す(選定する)手法は、基本的には「目玉」となるものがあるかどうかがポイントとなり、それは「温泉(湯船)の大きさ」だったり、建物の構造や立地条件、歴史的事実だったりなど都度異なるのだが今回は面白い温泉というポイントで選定した。
ズバリ、湯の瀬旅館は「大きな温泉」「立ち湯」が売りとのことで白羽の矢が立った(決して時間がなかったからではありません…)
http://www.yunose.jp/

往路、胎内市にある「乙宝寺」などにもちょっと立ち寄る。結構な古刹で建物も重厚感がある。(理由はありませんが個人的には「Z(ゼット)寺(じ)」と呼んでいたりします…)
http://oppouji.info/index.html

さらに国道7号線を北上する。県境付近では海岸線に沿って道路を進み、同乗者は景色を堪能できたと思う。羽越本線五十川駅付近の交差点を右折して内陸部へ進む。県道で幅員は狭いが積雪はまったくなかったので難なく到着した。
山中の一軒宿で旅館然とした感じはないが落ち着くたたずまいだ。玄関を入ると下駄箱に名前の紙が貼ってあったので靴をしまってフロントへ向かうが誰もいない… はて?と思って待っていると宿の奥からおばちゃんが出てきて無事にチェックイン完了。部屋は奥の202で結構広い。早速お目当ての「大露天風呂」へ向かう。脱衣場、内湯を抜けていよいよ大露天風呂へ。
正直な感想として、「確かにデカイ!」でも「なんかプールみたい…」というのが正直なところ。周囲こそ大岩を配しているが、水面下はコンクリートで凸凹などはなく、「老若男女安心して入れます」というキャッチがふわっと浮かんだ。また天井部はビニールで覆われており、降雪期以外ははずすのかどうかは不明。一応混浴となっている。水深は深く、へそ上から胸までと変化し、山側が浅く谷側が深いという感じ。小さな子供は浮き輪を使用することになるので、家族連れで来ればとても楽しいのではないかと。家族経営(+親戚、近所の応援?)のこじんまりした宿でのんびりできると思う。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

法師温泉 長寿館

「たまには温泉にでも」と思い立ち、1泊2日で群馬県の法師温泉 長寿館へ向かう…
なんて簡単にはいかず、予約を取るのも一苦労だった。何せ超有名・人気温泉旅館で値段もそれなりにお高く、いつも土日は予約が一杯でなかなか行くタイミングがなかったのだが、一大決心(というほどのものか?)して予約した。(12月初旬の旅程で10月初めに予約しました)
国道17号線から分岐して川沿いを北上するのだが、結構道路は細く曲がりくねっていて、日陰部分は部分的に凍結しており、厳冬期にはちょっと運転したくないなぁと思う。
そんなこんなで宿に到着。多くのメディアで紹介されているそのままの建物で(当たり前)、少なからず感動を覚える。法師温泉は国鉄フルムーンの上原兼、高峰三枝子のTVCMやポスターなどで知られており、一度は泊まりたい温泉宿だったので感慨も一入だ。
法師温泉長寿館  http://www.houshi-onsen.jp/index.html
国鉄フルムーン   https://www.youtube.com/watch?v=9-ZOrTRKokc
部屋は法師川を渡った別館の2階で結構広い。窓からは本館や法師乃湯、玉城乃湯、長寿乃湯の建屋を見ることができ、自然と「温泉に来たなぁ」といううれしい気持ちが高まるのが不思議だ。
夕食・朝食とも部屋食で、配膳のお兄さんが運んでくるのだが、料理の説明もしっかりしており好印象を受けた。
3つある湯殿については、説明?を割愛(他の人のブログを見てください)するが、時間の許す限り繰り返して入ったのはいうまでもない。

pP_20141206_175127.jpg
z01.jpg
z02.jpg

夜のうちに雪が降り、朝起きたら一面の銀世界となっていた。宿のHPにあるように雪をまとった建物も非常に美しかった。
そこそこの降雪だったため、心配事が的中し、帰りの道はかなり安全運転だった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

瀬見温泉 ゆめみの宿観松館 と かみのやま温泉 天神の御湯あづま屋

「たまには温泉にでも」と思い立ち、2泊3日で山形県の瀬見温泉 ゆめみの宿観松館 と かみのやま温泉 天神の御湯あづま屋 へ向かう。
最上三十三観音の御朱印めぐりをしていることは以前にも書いたが、なかなか進まないことからチョット時間を割いて回れるだけ回ろうと考え、御朱印を頂いていないお寺などの状況を勘案してのチョイスとなった。

瀬見温泉は以前に「喜至楼」に投宿したことがあるが、ゆめみの宿観松館はその喜至楼の斜め前にあり、言っては何だが喜至楼よりも豪華というか…しっかりしている。
http://www.kansyokan.co.jp/

夕食は部屋食で地の食材をふんだんに使った料理はボリュームがあり、「ジャンボマッシュルームの香味焼き」なる珍しい料理も出て楽しい夕食となった。
客室しかり、料理しかりで正に温泉旅館(ホテル)なのだが、温泉(というか浴場)がやや小さい印象を受けた。総じてよい宿であることは間違いないのだが、喜至楼と比較すると良くも悪くも喜至楼の方をよく覚えているのはなぜだろう… (いい旅館なんですよ)

お寺めぐりも順調に進み、2日目はかみのやま温泉 天神の御湯あづま屋 に到着。
http://www.azuma-ya.co.jp/

あづま屋は市内温泉街の中心部分にあり温泉に来たなぁという気持ちになる立地だ。
割り当てられた部屋は結構高層階で付近の景色(飲食店やみやげ物屋…だと思います)が見え、傘を差した観光客が行き交うのをぼんやりと眺めていた。
大浴場は最上階にあって眺望は更によくなり、山の稜線や街の明かりを見ながらのんびりすることができた。

最上三十三観音のお寺も最後の三十三番を残すのみとなった。最後は銀山温泉なんかと組み合わせできればと思うがどうなることやら…

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。