So-net無料ブログ作成

上海浦東国際空港 乗り継ぎ手続き(復路編)

早暁、上海浦東国際空港に到着した。疲れていたのか、機内食?にもあまり手をつけず、ウトウトしていたが結構寝ていたようで、車輪が接地する衝撃で目が覚めた。往路と違い沖止めとなったため、バスでターミナルへ。転機というか入国の手続きのため、イミグレへ向かう。機内でもらった入出国カードに所要事項を記入するのだが、どうしても書けないところが2つ。それは中国での滞在場所と入国目的。トランジットなので滞在場所は未記入でよいとして、さて入国目的はどうしようか?「返回常住地」(ReturnHome)と「其他」(others)が近い感じがするが、今回は其他にチェック。心配性なのでチェックのそばに「転機」と書き足した。
朝早いせいか、イミグレはほとんど混んでおらず、かなりスムーズに順番が回ってきた。パスポートと入出国カードを係官に提出すると、特に何も聞かれずカウンター備え付けのカメラを見ろとのこと。指示通りカメラを見ると画面には自分の顔とパスポートの顔写真が映っており、個人データの照合をしている様子(名前と旅券番号も表示されていた)。程なくパスポートは返され、すんなり手続きは完了した。拍子抜けの感は否めず、ある意味トランジットの手続きより簡単かもしれない。
預け荷物を回収して、出国エリアへ移動する。チェックインはFアイランドのようだが当然空いていないので、しばらく待機となる。せっかくなので、空港内をウロウロしていたが、地鉄は始発が動き始め、磁浮は7時前の運行らしく閉まったままだった。
鉄道駅(といっても空港と一体化しているが)のそばにファーストフードの店があった。
場所は http://www.shairport.com/chn201107171644376/
ケンタッキーと吉野家?風の店が数店。せっかくなので食べてみることにした。真ん中あたりの店でザーサイが載った「何とか麺」(9元)を注文。当然中国語は話せないので、お約束の「指差しオーダー」。店員もその辺は心得たものですんなりオーダーできた。当然「お冷(おひや)」の類は出るはずがないので、予め近くのコンビニ「全家」(ファミリーマート?)でポカリスエット(5元)を購入。パッケージには漢字で「宝礦力水特」と書いてあるが、色やデザインは似ているのですぐに判別できた。
20130201155421252.jpg
人心地が付いたところで再び1タミのFアイランドへ。今度はチェックイン業務を開始していたので、並んでチェックイン。ここの手順は他の空港と変わらない。そのまま出国手続き・荷物検査を経て、搭乗口へと向かった。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

プノンペンを出国

ほどよく観光など終え、プノンペン市内から空港へ向かう。見所などは他の人のブログを見ていただきたい。セントラルマーケットやソリヤマーケット(セントラルマーケットすぐそばのデパート?のような店)などをブラブラした。ソリヤの家電店に入ると、液晶テレビや携帯電話など日本の電気店とほとんど同じラインナップで販売されていた。特徴的なのはやはりテレビでも白物家電でもサムスンなど韓国勢が優勢なように感じられた。がんばれ日本メーカー(日立やパナソニック、東芝などは確認できたがその他のメーカーはなし)。現地向けイオンの割賦払いが使えるのにはチョットびっくりした(手続きについては一切不明だが)。
ソリヤ1階のラッキーマーケットではセブンスター(今はメビウス?)1カートンが12ドルで販売されていた。タバコは嗜まないので詳しいことは知らないが、日本から輸入しているのか海外拠点で生産したものかは分からなかった。
ホテルから空港まではやはりトクトクで移動。フロントに頼んでおいたら30分以上も前にやってきたので、申し訳ないがホテル前で待機してもらった。料金は10ドル。流しを捕まえればもっと安いかもしれないが交渉も面倒なのである意味言い値なのかも。
空港に到着し、チェックインカウンターへ。1時間半前だったためかまあまあ空いていたように思う。ここで発券されたのは上海までの1枚。分かってはいたが念のため「スルーチェックインできないの?」と聞くとやはりできないとの答え。預け荷物も一旦回収しなければならないとのこと。ここはごねてもしょうがないのですんなり了承する。
2階へ上がり出国手続き。パスポートとボーディングパスを出すが、どうもパスポートだけでよいようだ。ここでも指紋照合があり、自身も今回は左右の五指全部を確認することになった。先行する旅行者を見ていたがどうも係官に小額紙幣を渡している者がいるようだ。出国カードの記載が甘いのか係官に書き込めといわれているようだがどうもその関係のようだ。そもそもパスポートで全て管理されているので出国カードの意味がよく分からないのだが、ま、渡したい人は渡せばよいのではないかと思う。
ちなみに入国時には書かなかったが、入国審査の際、カウンターの中で小額紙幣をヒラヒラさせてこちらを見ていたが、首を左右に振って「払う気がない」旨の意思表示をしたら、向こうもあきらめた様子でパスポートを渡してくれた。そもそも大勢並んで待っている(手続きを見ている)中で財布出して渡せないでしょう、普通に考えて。
出国手続き後荷物検査を済ませて待合スペースへ。免税店がありセブンスターを見たところ、1カートン19ドルだった。市井で買ったほうが安いってどうなんだろう…
待合スペースには免税店のほかに飲食店2、書店1、衣料品・土産物3~5といった感じで店舗があり、小腹が空いたので、飲食店でワンタンメン(6ドル)をいただく。可もなく不可もなく。ちなみに深夜便だったため、上海行きの機内食は「お菓子詰め合わせセット」が出た。空港で食べておいてよかった?と思う。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。