So-net無料ブログ作成
検索選択

IZF-800の電池交換

海外へ行く際は充電式シェーバーを持参している。いつ買ったのかも忘れたがIZUMI(泉精器製作所)のIZF-800だ。確かヤマダ電機で購入したが、商品入替?かなにかでワゴン売りしており、当時でも結構安く買えた記憶がある。ACアダプタが240Vまで対応していたのも購入の決め手となった。
持ち手の背面を見ると「09年製」と表示してあり、もう8年くらいは経過している計算だ。段々と充電池の性能が低下してきて、ついに充電(蓄電?)能力0となった。AC直結であれば使用は可能だが、毎回コードを接続するのも面倒なので、ダメもとで充電池の交換を行った。

・ 持ち手側面のカバーを精密ドライバ(-)で外す
・ 背面カバーを固定するネジ(6箇所)を精密ドライバ(+、2.2mm)で外す
・ ヘッドと持ち手を中継するくねくね部(何て言うんでしょうかね)のプラスチックを
  外す
・ 充電池が格納されているケースのふたを精密ドライバ(+、2.2mm)で外す(4箇
  所)
(いずれのネジも同寸法でした。ここまでは取扱説明書にも記載してあります)

bunkaizu.jpg

ここでようやく充電池と制御基盤が見えてくるのだが、表の持ち手の部分のカバーと、制御基盤の金属端子部分(2箇所)が樹脂で固定してあった。中がどうなっているかわからなかったが、精密ドライバーで持ち上げ(引き抜い)たところ、比較的容易に抜けてくれて助かった。
写真のとおり業務用のNi-MH電池が使用されていたが、タブ付きでハンダづけしてあり、簡単にパージできないので一旦作業を休止した。


002a.jpg

赤丸部分が樹脂で固定されている

001a.jpg


タブ付き 単4電池で検索したところ、BATTERY SPACE というショップのサイトが見つかり、同等品と思われる充電池を2本購入。(180円×2 + 送料200円)

BATTERY SPACE  http://www.batteryspace.jp/shopdetail/003004000001/

黄色と茶色のリード線を外す必要があることから、アマゾンでハンダ吸い取り線を購入。(173円送料無料)

Amazon https://www.amazon.co.jp/gp/product/B001PR1KPQ/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

昔ダイソーで買ったハンダこてを引っ張り出してきたのだが、通電しても加熱せず使用できなかったので、新たにダイソーでハンダこてを購入。(540円)
昔は300円(税抜)で売っていた記憶があったが値上がりしていた…

資機材の準備ができたので作業を再開

・ ハンダを吸い取ってタブとリード線を分離(中間部分のリード線は別のものと置換)
・ 充電池とリード線をハンダづけし、念のため黒ビニールテープで端子部を絶縁
・ 逆の手順でカバー類の取り付け

これで作業完了

修理費用は合計1,273円で、新品を購入するより格段に安く済んで助かった。
充電も順調なようでこれからも長く使おうと思う。

注意!(電源周りの改造は発火の危険があります。あくまで自己責任でお願いします)




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。