So-net無料ブログ作成
検索選択

適当に断熱してみよう(天井裏編)

自分の部屋(というか家)は昭和50年代に建てられたもので、断熱という考え方がなく、夏は暑く、冬は寒いという古い日本家屋そのまま(単にボロなだけ?)なのだが、家全体は無理としても、2階の自分の部屋(6畳間)は何とかしたいと常々考えていた。
措置すべき箇所は「壁」「天井」「窓」「床」となるが押入れのふすまやドアなども何か手立てがあるのか…

基本的な考え方として、

 1 できるだけ低コスト、
 2 見場は全く気にしない、
 3 既存の構造はそのままにする、

といったところか。どうせプロではないのだし、素人で手抜きしてなんとかなればよいなぁ…と都合のよいことばかり考えている。

ネットではDIYで様々な断熱方法が紹介されているものの、いろいろな意見や方法があってなかなか着手できずにいたが、何を血迷ったか、ホームセンターでグラスウールの束(というのか?)を見て、発作的に購入してしまった。

yamayuu_acm-00111144.jpg


旭ファイバーグラス アクリアマット ACM10 10K × 50㎜ × 430㎜ × 2880㎜
24枚入り(施工坪数 約9.5坪)
ホームセンターで税込7,380円

買ってしまったものはしょうがない、ということで早速天井裏に敷き込むこととする。
天袋から天井裏に入ったものの、とにかく狭いことこの上ない。(当たり前だが…)当然天井となる板部分には体重をかけられない(破れて落下してしまう)ので、柱や梁部分が足場となるのだが、リアル「ツイスター」状態で体のあちこちが痛くなった。

よく調べずに購入したため、グラスウールがかなり余ることとなることから素人考えで3重重ねにしたが、ネットではグラスウールを重ねるのはあまりよくない的な記載もあり、カビなど生えなければよいのだが…

効果測定の方法もないことから、単なる自己満足で終わるかもしれない…




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。