So-net無料ブログ作成

勝手にコラボ企画 福島・栃木湯めぐり旅(本丸突入編)

大丸温泉旅館を後に一路、北温泉へ向かう。といっても位置的にはそう離れているわけではないので、すぐ到着するはず。このため、宿には直行せずに、温泉街を経由して麓の7-11へ向かう。道すがら、「鹿の湯」「温泉神社」などを通過するが、週末だけあって大変込み合っており、「チョット寄ろうか?」などという気持ちに全くならなかった。県道17号線を市街地に向かって下ると那須温泉街で両側に宿泊施設が立ち並ぶエリアを通過。そこそこ休業している旅館なども散見されたが老朽化や不人気で廃業したのか?と思う建物もあった。そうこうするうちに7-11に到着。この辺の7-11は屋外の看板が茶系統の1色で落ち着いた感じ。景観に関する配慮か条例でもあるのだろう。ここでも飲み物やツマミを少々購入し下ってきた道を引き返す。
http://www.shikanoyu.jp/

県道17号線から分岐し、駐車場に到着。駐車場は八分の入りで難なく駐車できたが、ここからは徒歩で移動となる。結構な急勾配で運動不足(というか絶無)の身としては少々きつい。この坂を登ってくる旅行客もいたが日帰り利用なのだろう。小路を進むと上には高圧電線が間近に見えて(なぜか)ワクワクしてしまう。そこそこ降るとようやく建物と屋外プールのような露天風呂が見える。この露天風呂、かなりデカい!既に数人入っているが印象的には汪泉閣より大きいと感じる。宿に到着し、師匠が帳場でチェックインする間、ロビー(というのだろう、分類上は)を眺めてしばし呆然?事前の予想の遥かナナメ上を行く内装・装飾や古さ+ごちゃごちゃ感は群馬の「収古館」に負けるとも劣らず、感動に打ち震えること間違いなし。
http://www9.ocn.ne.jp/~kitanoyu/mokuj.htm

今回は明治の建物とのことで、中2階(というか建物の構造がかなり複雑)らしい高さにある「竹の間」が今回の部屋となった。(表ブログ参照)昔の湯治宿特有の2重構造の引き戸になっているが、立て付けが悪くすんなり開かないのはご愛嬌か?木製の扉を開けてスリッパを脱ぎ、更にふすま戸をあけて室内へ。趣のある古さ(としておこう)がなんともいえない。少々休憩して早速入浴。まずは天狗の湯へ向かうが、湯温がかなり熱い。一応希釈用の水栓もありそこそこ薄めているのだが、それでも結構熱く、ササッと湯に浸かり終了。テルマエロマエのロケ地として使用した場所だが、相当湯温を下げていたはず。食事風景などは表ブログを参照されたい。夕食後に河原の湯に入る。自分1人で貸切状態だったので、水栓全開で湯温を下げて入浴した。間近に裏手の砂防ダムが大きく見えた。

ロビー付近にはWifiが3系統あったが、竹の間では範囲外で使用できず。当然3Gも範囲外だった。このため師匠から「チャー研」見ようといわれなかったのは望外の喜び。それにしてもTVが有料なのは苦笑い。今時有料はないだろうと思いつつも、昔はみんなこうだったなぁ…などとノスタルジックな気持ちにもさせてくれた(ハッ、まさかそれが狙いか…)そうそう、衣紋掛けというか上着を掛けるところが「碍子」(がいしと読む)になっているのにもチョットびっくり。配線上この位置には必要ないことから、廃物?利用だとは思うが、大学生などは碍子が何なのか分かるのだろうか?

翌朝も相の湯、泳ぎ湯に浸かる。本館帳場付近の階段を降りて一端屋外へ。2つの湯共同の脱衣場で浴衣を脱いでいざ泳ぎ湯へ。泳ぎ湯の湯温はぬるく、これなら長時間入れそうだ。階段付近に浮き輪があり、これは子供に貸すのだろうと推察。良くも悪くも記憶に残る温泉旅館だ。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。