So-net無料ブログ作成

勝手にコラボ企画 福島・栃木湯めぐり旅(内情暴露編)

今回特別に、勝手ながら(断りなく)悪友(師匠)のブログとコラボすることとする。表では書かれていない部分も都度説明(釈明?)したいと思う。 http://ameblo.jp/junk-land/

「たまには温泉にでも」と思い立ち、(しつこい?)1泊2日で栃木県の北温泉旅館へ向かう。
きっかけは、師匠から「近いうちに白骨温泉行かネ?」と連絡を受けたことによる。白骨ももちろん行きたい温泉ではあるものの、自分的には秋冬期が一番似合うと考えて代案を提出したところ了承された。ちなみに師匠のブログでは「鄙びた宿好きの友人がチョイス」などときれいにまとめているが、その実、「変態宿マニア」だの「鉄ッチャン」などと呼ばれ、真に遺憾であるw。
ブログを見比べてもらえば分かるが、
其の他の旅行 → 大牧温泉観光旅館、宝川温泉汪泉閣、作並温泉鷹泉閣岩松旅館
師匠と二人旅 → 蔵王温泉山形屋旅館、瀬見温泉喜至楼、北温泉旅館
となっており、適材適所というか応病与薬というか、兎に角師匠の嗜好に合わせてチョイスしている点を理解してほしい。このため師匠向け宿として、
小松ホテル(上野) http://members2.jcom.home.ne.jp/h-komatsu/
ビジネスホテル中央(西成) http://www.chuogroup.jp/chuo/
鉛温泉藤三旅館湯治部(岩手) http://www.namari-onsen.co.jp/touji/
黒薙温泉旅館(富山) http://www.kuronagi.jp/
などを考えており、広大な世界の一端なりとも知ってもらいたいという親心?満載な心情を理解してほしいものだ、まったく。
ちなみに 不動湯温泉(福島)も有力候補であったが、火災により消失・休業となり訪れることが叶わなくなったのは非常に残念だ… (公式HPが確認できませんでした)

ということで中年オヤジ二人旅と相成るわけだが、旅程は表ブログを見てほしい。
いきなりJ-POWER只見展示館(無料)に立ち寄っていることになっているが、この前に「大白川駅」に立ち寄っている。師匠曰くトイレ休憩とのことだが…(自分よりも遥かにFe度が高いのでは?と日々思っている)
展示館では、ダムや水力発電、只見水系における発電状況などの資料が展示されており、子供から大人までそれなりに楽しめる。発電設備(スクリュー?発電機?)の模型などもよくできており、「男のメカ心」を擽られた。(Nゲージの模型が500系なのはなぜ?)
師匠は「子供向けクイズ」に挑戦していたが無惨な結果に。(何のとはいわないが)免許を返納すべきだと思う。ちなみに「高熱隧道」という小説を思い浮かべたのはまた別の話。

天候は曇り~小雨でスッキリとしないものの、もともと中年二人旅なので問題なし。道すがら会津只見考古館にも立ち寄る。主に縄文・弥生時代の出土品などと一緒に林業で使用した鋸などを展示しているのだが… ハッキリ言います。「つまらない」「300円は高い!」
もともと二人ともそれらの時代に関する素養がないのに加え、土器・化石・近代の産業・生活用品?果ては、県内の発掘系調査報告書などが並べられており、「展示するものがないからあるもの全部おいてあります」的な感じがしすぎ。(でも、子供たちの学習には役立つのでしょう、きっと)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。