So-net無料ブログ作成
検索選択

作並温泉 鷹泉閣岩松旅館

「たまには温泉にでも」と思い立ち、1泊2日で宮城県の作並温泉 鷹泉閣岩松旅館へ向かう。
(ちなみに26年3月から連続して温泉に行っています)
この旅館も10ウン年前?に訪れたことがあるが、広瀬川沿いにある天然岩風呂は秀逸で、もう一度入りたいと思い、再訪することとした。
特に観光地は巡らないが、最上三十三観音の御朱印を頂くために山形県内を廻っていることもあって、寺院巡りと併せて一路東北へひた走る。(今回も下道、国道49→121→13→48号)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E4%B8%8A%E4%B8%89%E5%8D%81%E4%B8%89%E8%A6%B3%E9%9F%B3%E9%9C%8A%E5%A0%B4

仏様(観音様?)には大変申し訳ないが、御朱印を頂くといっても納経するわけでもなく、実質「単なるスタンプラリー」状態なのだが、多くの仏閣を訪れるきっかけとしているのできっと許してくれることと(勝手に)思っている。

数箇所のお寺を巡り、国道48号で旅館へ向かう。到着2km前あたりで自然渋滞が発生しノロノロ走行となる。後で宿の人に聞いたところ、時折発生するとのことだった。
宿泊棟は「広瀬館」。お手ごろ価格で十分ゆっくりできるので無理に「青葉館」でなくてもよいと思う。(以前は青葉館だった)
早速露天風呂へ向かう。ここの天然岩風呂は、木造の階段をトテトテと降りて行き、広瀬川を望む露天風呂に到着。岩松旅館のよいところは、この木造階段と岩風呂が一体となってえも言われぬ風情を感じさせてくれるところにある。夕刻、深夜、早朝と何回入ってもよいとつくづく思う。また、内湯である【不二の湯】を広くてゆったりできる。湯温がやや高く、(個人的に)ゆっくり肩まで浸かれないのが残念。
最近は多くのホテル・旅館がバイキング(ブッフェ)形式を取り入れているが、岩松旅館もバイキング形式だった。品数は多くあり程よく満足できるが、惜しむらくは「ライブキッチン形式」の料理で宿泊客のオーダーに追いつかず、数箇所(揚げ物、焼き物系)で結構な時間待たされていた。配置されるスタッフ数が少なく、並ぶ順番も雑然としていてこの点はぜひ改善してほしいと思う。
また、飲み物のオーダーがなんとなく頼みづらい感じ(配置されるスタッフが少ない?)がして結局、フリードリンクで済ませてしまった。その代わりといってはなんだが、夜食としてルームサービスで【ざるそば】と【おにぎり】をオーダーして少しだけ売り上げに貢献できたかな?
http://www.iwamatu-ryokan.com/institution/index.html

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。